一般公開、「練習艦やまゆき」見学!

昨日14日(日)は、午後から大尉殿と待ち合わせて大阪港で停泊していた海上自衛隊練習艦やまゆきの一般公開に行ってきました。

2019071401

この日は他に以下のイベント同時開催でした。

  • 舞鶴音楽隊による演奏
  • 地方協力本部マスコットキャラクター大集合
  • 陸自装備品展示
  • 陸海空自衛官の制服試着コーナー
  • 往年の名車展示

舞鶴音楽隊の演奏は、雨のせいで午後の演奏は中止。

楽しみにしていただけに非常に残念です。

特別公開対象者は、艦艇内部の見学も可能でしたが、一般公開のコースは、甲板上を移動するだけでした。

ですが間近でみる速射砲やアスロック、シースパロー発射装置は圧倒的。

この練習艦やまゆき、元は護衛艦でした。

ですのでヘリコプターを搭載してしていない以外、ほぼ護衛艦の兵装等をそのまま装備とのこと。

それだけに練習艦といえど迫力があります。

また時間を決めてでしたが、速射砲とアスロックランチャーを動かしてくれました。

旋回、砲身の上下、単純なものでした。

ですが実際に動くところを見ることができるなんて、全く予想していなかっただけにその動きは感動もの!

観に行ってよかったです。

ここでやまゆきで聞いた面白そうな話を少々。

艦艇のネーミングは初代艦長に一任されているというか特権だそうです。

このやまゆき、ニックネームはライジングカープというそうですが、初代艦長が大の広島カープファンだった命名の由来だそうです。

やまゆきの鯉のキャラクターは絵心のある隊員さんが描いたものだそうですが、無茶苦茶カッコいい!!

あとはチャフは現代兵器に対してあまり効果がないとかヘリコプターを搭載していないのでヘリコプター整備隊員が搭乗していないとかへぇという話も。

兵器のスペックなんかは書籍で分かりますが、それ以外の書籍に書かれていない、機密扱いにならない話は実際に訪れてみないとわからないものです。

次回、どのタイミングでどの艦艇が大阪にやってくるか分かりませんが、また見学に行きたいと思います。

舞鶴音楽隊も見たいなぁー。

いまこの船には防衛大学の学生さんが乗船しておりました。

話を聞くと研修で1週間、40名の学生がのりこんでいるそうです。

がんばれ、未来の自衛官たち!

2019071402

 

| | コメント (0)

海上自衛隊阪神基地隊サマーフェスタ2019に行ってきた。

本日6日(土)、神戸にある海上自衛隊阪神基地のイベント行ってまいりました。

メンバーは、大尉殿とK山さんと私の三人。

当初は曇天でしたが、後半は快晴。

おかげでまた日焼けしてしまいました。

この日のプログラムは以下の通り。

  • 艦艇一般公開(やまぎり、くろしお、なおしま)
  • 陸・空自衛隊装備展示
  • 港内クルーズ
  • 神戸学院大学チアリーダー部
  • 神戸女子大学管弦楽団
  • S☆UTHERN CROSSミニライブ 
  • KOBerrieS♪ミニライブ
  • 呉音楽隊演奏
  • 海図トートバック作製
  • 117KOBE防災委員会ワークショップ
  • 日本海洋資格センター株式会社ロープワーク
  • 防災パネル展示
  • 模擬売店 


最寄り駅から徒歩にて向かったため、基地には10時過ぎに到着。

神戸学院大学チアリーダー部の演舞と神戸女子大学管弦楽団の演奏を聴いてから、艦艇見学へ。

ちょうどお昼頃だったので開場当初より艦艇見学に並んでいる列も気持ち少なめでした。

一般公開では護衛艦やまぎりを甲板からヘリ格納庫までの間、どちらかというと兵装回り中心の見学コースでした。

特別見学者は、内部に入れたみたいです。

そのあとは潜水艦くろしおへ。

こちらはただ甲板を歩くだけでした。

風で波がうねっていたのにも関わらず、潜水艦の甲板上は全く揺れを感じませんでした

以前掃海艇に乗った時、波の影響でかなり揺れたのと対照的です。

それだけ構造上違うという事でしょうか?

掃海艇は時間がなかったので見学はせず。

その足で向かったのは、呉音楽隊の演奏。

やはり海上自衛隊音楽隊には「軍艦」マーチがよく似合います。

それ以外もジャズアレンジの曲もあり、しっとり聞かせる曲もあり、広島カープ球団歌「それ行けカープ 〜若き鯉たち〜」阪神タイガース「六甲おろし」もありと観客を楽しませる曲構成と演奏。

最後は阪神基地隊隊員、アイドルグループも加わっての震災復興の歌「しあわせ運べるように」も全員で熱唱。

この時点で14時50分ごろで終了間際。

軽く装備品展示を見るだけで時間いっぱい。

全ての艦艇、音楽イベントを見ようと思うと圧倒的に時間が足りません。

もう少し終了時間を延ばしてほしいなぁー。

でも陸自の記念行事とは違った雰囲気の自衛隊イベントでした。

もちろん来年も行きますよ!

20190706

| | コメント (0)

2019年6月の達成

・新着本アップ数
11点(2/9/0/)

・イベント系
ガンダム講談、大倉さん個展、陸自和歌山駐屯地記念行事

・私用系
コンタクト眼科検診

・研究会系
なし

・撮影系
三島、大阪北西部

・その他&突発系
なし

・読了本
朝日新聞社静岡支局(編)『静岡物語』羽衣出版 平成12年発行
原島広至『神戸今昔散歩』中経文庫 2011年第1刷
岡田斗司夫『オタクはすでに死んでいる』新潮社新潮文庫 2008年発行

| | コメント (0)

2019年7月の予定

・イベント系
海上自衛隊阪神基地隊サマーフェスタ2019、練習艦「やまゆき」見学、本くら会

・私用系
散髪

・研究会系
ミニコミ3号資料収集・整理&草稿執筆、HP仕様変更

・撮影系
大阪中央突堤付近

覚書のため未決定含む。

| | コメント (0)

【七井コム斎のガンダム講談完全版6大阪】に行ってきた。

16日(日)は、ガンダム講談会へ行ってきました。

2019061601

7月8月は夏休みになるので前半最後の講談会。

開演15分前に行ったのにほぼ満員の状態。

この日の番組表はこちら。

  • ミンキー:オタク漫談「ガンダム曲7」
  • 七井コム斎:ガンダム講談「ランバ・ラル決闘!」
  • SYO-ZAKU:ミニライブ
  • 七井コム斎:ガンダム講談「木馬城内の討ち入り」
  • 岩橋赤鼻:今日の散財&お絵かき
  • 七井コム斎:ガンダム講談「激闘は哀しみ深し」

今回の講談は、TVシリーズ第19話「ランバ・ラル特攻!」第20話「死闘!ホワイト・ベース 」第21話「激闘は憎しみ深く」の、旧講談CD版では「ランバ・ラル突攻」「木馬城内の血戦」「激闘は哀しみ深し」に当たります。

三席とも修羅場読みがあり、これが徐々に気持ちを高ぶらせていくようで戦いの話にはピッタリ!

ガンダムとグフの最終一騎打ち、ラル隊の白兵戦、ハモンたちの玉砕、話は知っていてもに手に汗握らずにはいられません。

それ以外では、アムロと会った時のハモンのセリフがTV版と劇場版で違うとか、アムロをはやしたラル隊隊員のテンションが違うとか、にやりと聞いてしまう解説ネタも毎回聞いていて楽しい。

ですが、今回光ったのは、砂漠の水じいさんとリュウ。

今回この爺さんで間を置いたからか、旧作の勢いで聴かすというより、じっくりと山場の一騎打ちまで盛り上げて聞かす感じでした。

旧作ではジオン目線の講談だったのでリュウの心うごきはあまりなかったですが、今回改めて聴くとリュウ滅茶苦茶良い兄貴分やん、戦死したのはもったいないと思うぐらい。

セイラとリュウの関係性の推測も踏まえ、納得する話でした。


旧作が軽快なテンポと情報量叩き込むかのような講談で圧倒させていたが、今回の完全版の方はじっくりとじわじわじわっと山場まで盛り上げて爆発するかのような講談のつくりでした。

同じ話でもこうも印象が変わるものかと毎回感心するばかり。

次回の講談会は9月です。

それまで、暑さに負けず戦いましょう!

ジーク・ジオン!

【七井コム斎のガンダム講談完全版7大阪】
日時:9月16日(祝月) 14:30開場/15:00開演
場所:なんば紅鶴(大阪市中央区千日前2-3-9味園ビル2F)
会費:予約2000円 当日2500円 (1ドリンク別)
ネット予約:(前日まで)https://ws.formzu.net/fgen/S97149854/

本日の戦利品。

 2019061602

講談CD3巻4巻。

大人気で当日コム斎さんが持参した分は完売。

取り置きを頼んでいたのでなんとか入手できました。

秋まで予習復習を兼ねて1巻から4巻までヘビロテで聴くしかない!?

| | コメント (0)

陸自和歌山駐屯地創立57周年記念行事に行ってきた。

昨日8日(土)は一人で遠征してきました。

目的地は陸自和歌山駐屯地。

この日は、和歌山駐屯地57周年記念行事でした。

2019060801

この日のプログラムは以下の通り。

  • 駐屯地司令感謝状贈呈式
  • 観閲式
  • ファンシードリル(航空自衛隊串本分屯基地)
  • 音楽演奏会(第3音楽隊)
  • 走行展示
  • 訓練展示(飛行展示(本来ラぺリングあり?)、レンジャーによる潜入・格闘)
  • 自衛隊太鼓(信太菊水太鼓)
  • 装備品展示・高機動車体験試乗・売店

敷地も狭いので第3師団や中部方面隊に比べると正直規模は小さいです。

今回、普通科の駐屯地のように空包を打つ派手な防衛出動訓練展示もありませんでした。

それに交通の便も悪く、大阪からも離れているとあって来訪者も100人程度でした。

逆に言えば、間近で観覧出来るというメリットもあり。

なんといっても第304水際障害中隊の駐屯地ということもあり、ほかの駐屯地記念行事では1台しか来ない94式水際地雷敷設装置が一度に3台も見られることができるのここだけ!

また当日整理券配布、翌日試乗になりますが、94式水際地雷敷設装置にも乗れます。

駐屯地内の一台はもちろん動きませんが、地雷搭載部分に手すり付きの台が特別に設置され、装置の上に上ることができます。

上から見る眺めは、不思議なものです。

それ以外の驚きは、すでに一線から退いていると思っていた64式小銃の装備展示がありました。

レアです。

この記念行事には、航空自衛隊串本分屯基地からファンシードリル隊が、海上自衛隊由良分遣隊からは、海自カレーの売店がやってきていました。

和歌山に駐在する自衛隊が一丸になって盛り上げようという気持ちが伝わってくるようでした。

和歌山駐屯地でしか味わえない楽しさがあります。

それに今回は車両が走行する事もあり、上の判断で駐屯地内での記念行事でしたが、煙樹ヶ浜での記念行事を催す場合もあるとか。

浜辺での記念行事、気になります。

大阪からは少し遠いですが、和歌山駐屯地の記念行事もしばらく追い続けたいと思います。

2019060802

 

 

| | コメント (0)

2019年6月の予定

・イベント系
ガンダム講談、大倉さん個展(済)、陸自和歌山駐屯地記念行事

・私用系
コンタクト眼科検診

・研究会系
ミニコミ3号資料収集・整理&草稿執筆、HP仕様変更

・撮影系
三島(済)

覚書のため未決定含む。

| | コメント (0)

2019年5月の達成

・新着本アップ数
12点(2/10/0/)

・イベント系
ガンダム講談、陸自千僧駐屯地記念行事

・私用系
なし

・研究会系
浜松・静岡調査

・撮影系
浜松・静岡

・その他&突発系
掃海艇つのしま見学

・読了本
岩橋貞典『オリゴ党上演台本「カーゴ・カルト」劇団オリゴ党2018年6月発行
岩橋貞典『オリゴ党上演台本「ストリングス」劇団オリゴ党 2018年6月発行
『海上自衛隊 訓練・航海誌上公開!』マイウェイ出版マイウェイムック 2014年発行
青木直己『幕末単身赴任 下級武士の食日記 増補版』ちくま文庫 2017年第17刷

 

| | コメント (0)

男二人ぶらり旅-静岡編

さて大倉さんの個展訪問の前、5月31日(金)と翌6月1日(土)午前中は、K兄さんと静岡をいろいろとウロウロしてきました。

まずは浜松は、鴨江町と千歳町周辺。

鴨江町では遠州焼きというご当地グルメも食べてきました。

親子二代、創業70年というこちらのお店だけ四角い遠州焼きだそうです。

ふわふわっとした生地に、こりこりとした沢庵の触感。

癖になりそうです。

意外に浜松は緩やかだが起伏があり、平地だという先入観をひっくり返されました。

次は静岡は、両替町と川辺町。

駅近くの浮月楼は大きくて目立ちますね。

看板建築、近代建築、飲み屋の小路となかなかに面白い町。

三島は、本町、広小路町、清住町。

神社と水路・小川の町って印象です。

ついでに三島の図書館で調査。

旧東海道って面白いところが多い感じ。

駆け足だったので、またゆっくりと回る機会を作りたいなと思います。

 

| | コメント (0)

大倉ひとみ個展「夢町*入口」に行ってきた。

昨日1日(土)、東京は千駄木にあるSTOODIO SENDAGIで開催中の大倉ひとみ個展「夢町*入口」へ行ってまいりました。

20190601

18年9月に東京蛍堂で開催された個展以来の訪問です。

今回はK兄さんと二人でお伺い致しました。

今回、暖色系の作品が多くかった気がし、それがまた気持ちを暖かくさせてくれるようでした。

懐かしく郷愁を誘う作品は、心癒されます。

訪れたことのない町、見たことのない風景、でも昔から知っているような懐かしさを感じさせてくれます。

何回も何回も観に行きたい、そう思える大倉さんの個展。

開催期間も残すところ明日のみ。

時間がある方は、ぜひお立ち寄りください。

 

2019 大倉ひとみ個展 「夢町*入口」
2019年5月29日(水)〜6月3日(月) STOODIO SENDAGI
東京都文京区千駄木2ー44ー5 http://www/stoodio/jp/
12:00~18:00 最終日17:00迄 千代田線千駄木駅1番出口徒歩3分

| | コメント (0)

より以前の記事一覧