« 4月6日新着本 | トップページ | 4月13日新着本 »

ポッ!観劇『劇団オリゴ党第42回公演「無と0」』

先日7日(日)に劇団オリゴ党の第42回公演を観に行ってまいりました。

あらすじは・・・

 

ちょっと先、未来のお話。

眼鏡型のコミュニケーション端末で会話や意志情報の伝達を行うようになった社会。

そのツールによる恩恵もあるが、どこかもどかしさを感じながらある家族たちは暮らしていた。

ある日、主人公は友人の友人を家で預かることになった。

その男があるものを見るようになってから、家族の秘密が暴かれていく。

そして・・・。

 

決してすべての人が救われるハッピーエンドではなかったですが、非常に暖かく、観劇後の余韻を味わえた演劇でした。

じっくりと書いている時間がないので箇条書きでと。

  • ざっくりとした設定のコミュニケーション端末の表現と使い方が上手かったです。
  • それを用いての本音と建て前の使い分け、人の心、接し方、言葉のありようを考えさせられた。
  • 世話好きでイケイケの姉(仮)と自分が何をすれば良いか、どうすれば良いか、悩み多き妹(仮)みたいなW田中の絡みが見ていて楽しい。
  • 赤い眼鏡をかけたカズコ役の高道屋紗姫さん、演技も自然かつ存在感があって、赤い眼鏡も衣装も全てが可愛い♡

この作品は、数年後もう一度見てみたい。

|

« 4月6日新着本 | トップページ | 4月13日新着本 »

日常日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 4月6日新着本 | トップページ | 4月13日新着本 »