« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

1月27日新着本

本日追加した本は以下の通りです。

カテゴリー:文芸>怪奇・幻想 4点

1050300101 大石圭『処刑列車』角川書店角川ホラー文庫 ¥200

1050300102 坂東眞砂子『蟲』角川書店角川ホラー文庫 ¥200

1050300103 岩井志麻子『岡山女』角川書店角川ホラー文庫 ¥200

1050300104 坂東眞砂子『葛橋』角川文庫 ¥200

なお上記金額は販売価格です。詳細は下記URLよりどうぞ。

目録:http://dreammesse2005.cart.fc2.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再始動!【七井コム斎のガンダム講談完全版1 大阪】

一昨日20日(日)、今年最初、そして久々のガンダム講談会へ行ってきました。

20190120

  • 番組表
  • ミンキー:オタク漫談「魚をガンダムメカに例えたら」
  • 七井コム斎:ガンダム講談「ガンダム大地に立たすな!」
  • SYO-ZAKU:ミニライブ
  • 岩橋赤鼻:今日の散財&書評
  • 七井コム斎:ガンダム講談「赤い彗星の驚き」
  • Bugって花井:弾き語り:サメの迷曲
  • 七井コム斎:ガンダム講談「ホワイトベースは反転する」

昨年でターンエーガンダム講談が終わり、一段落かと思いきや、今年からファーストガンダムの講談の続き読みが開始されました。

その記念すべき今回、レギュラー陣勢ぞろい!

魚にガンダムメカを例えるという意表を突く新ネタ披露の切り込み隊長ミンキーさん、美声を響かせるSHO-ZAKUさん、紙袋の中から何が飛び出すかわからない赤鼻さんの話、鮫にかかわる歌謡曲をキター片手に弾き語る花井さん。

みんな個性的、それでいて絶妙なハーモニーを奏でる講談会でした。

さて講談の方は、第一話「ガンダム大地に立つ!!から第三話「敵の補給艦を叩け!」までを講談に。

ただストーリーをなぞるだけではなく、従来通りジオン軍視点でガンダム世界を俯瞰していきます。

ある意味ガンダム講談の真骨頂とも言える全身と口三味線を使ったMS戦。

TV版、劇場版、カセット版を繰り返し見て、立てたなるほど仮説。

初心者でも判りやすいように時折解説も交えます。

かつてあった方面軍制度下で「ガンダム大地に立たすな」を初めて見た時の驚きと興奮が蘇ってきました。

講談を聞いていると脳内でアニメのシーンが再現され、それをまた講談が補完昇華していくよう。

テレビにかじりついてガンダムを見ていたあの頃の自分を思い出させてくれました。

講談CDでは全編聞きましたが、生で続き読みとして聞いていくのは初めて。

話を知っていても、今回はどんな風に講談で聞かせてくれるのか、楽しみで仕方がないです。

【七井コム斎のガンダム講談完全版2大阪】
日時:2月10日(日) 14:30開場/15:00開演
場所:なんば紅鶴(大阪市中央区千日前2-3-9味園ビル2F)
会費:予約2000円 当日2500円 (1ドリンク別)
ネット予約:(前日まで)https://ws.formzu.net/fgen/S97149854/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『自衛隊防災BOOK』

久々に書籍のご紹介。

1月17日、震災を忘れないために、そして震災に備えるための・・・。

『自衛隊防災BOOK』マガジンハウス社 2018年発行


  • 目次
  • まずは日頃からの“備え"が大切
  • 1章 災害時に役立つライフハック【発災時編】
  • 2章 災害時に役立つライフハック【被災時編】
  • 3章 日常生活に役立つライフハック

知り合い書店員さん情報でもよく売れていると言う本書。

実践の平易さ、自衛隊への信頼度、防災意識の高さかからくるのか、評判の良い書籍です。

帯の宣伝文には「危機管理のプロが直伝!災害時や日常生活に役立つ100のテクニック』と書かれています。

防災と銘打っていますが、全頁防災についてではありません。

100項目中6割強が防災についてで、残りは日常で役立つ知恵やテクニックです。

それも高価な防災グッズを買わなくても、誰もができるようなものばかり。


防災については、家具の配置の見直し、避難場所の確認など事前に行う事柄、災害が起きた時の対処法、、被災時の対応法と段階を経てテクニックを紹介しています。

ファーストエイドについても書かれています。

ブルーシートと新聞紙で寝袋作成やツナ缶をローソク代わりにするとかなるほどと思う事柄です。

その他の日常テクニックは、イヤホンを絡まず巻く方法や靴擦れを起こしにくくする方法など今すぐ使えるテクニックが一杯。

ちなみに使用済み使い捨てカイロの再利用方法は、この本を読んで私も実践中。

その中で「自衛隊あるある」と冠している項目は、なるほどう事柄も多く、さすが自衛官!思わずにはいられません。

ですが、本書で一番伝えたいことは巻頭で書かれている「まずは日頃からの“備え"が大切」ではないでしょうか?

いつ起こるかわからない災害に対し、常に意識を持ちと備えを怠らないことでしょうか?

危機管理のプロであり、災害派遣の前線に赴く自衛官だからこその重みのある言葉ではないでしょうか?

ちなみに本書は「自衛隊ライフハックチャンネル」で紹介されたものの一部を編集書籍化したものだそうです。

本書未収録のテクニックを知りたい方は、「自衛隊ライフハックチャンネル」も併せてごらんください。

自衛隊ライフハックチャンネル
http://www.mod.go.jp/gsdf/jieikanbosyu/lifehack/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年初め!本くら会へ行ってきたよ。

昨日12日(土)、今年最初の本くら会の活動。

この日、富田林は寺内町では初鍋巡りという毎年恒例のイベントをやっていましたが、それには間に合わず、会だけ参加。

今回は本のおゆずり市の他、久々に架空読書会も開催。

この日のタイトルは以下の通り。

  1. うどんの彼女とチャーハンの彼
  2. さよならパプリカ
  3. さわやかな橋の上で
  4. キャラメル心中
  5. おもちのなかみ
  6. ペンギン書店の棚には秘密が隠されている

楽しく架空読書会を行ったあとは、棚係の青々堂さんと記録係のいるか屋さんによるぜんざいと麺入り豚汁が振舞われました。

焼きたてのお餅が入ったぜんざい、ボリュームたっぷり豚汁でお腹もいっぱい、身体も暖か。

気持ちの良い本くら会のスタートでした。

次回の活動日は2月9日です。

みなさんもぶらりとお寄りください。

本ある暮らしの会ツイッター
@BooK_LieF0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月の達成

・新着本アップ数
3点(0/3/0/)

・イベント系
ほんくら会

・私用系
眼科定期健診、散髪、忘年会

・研究会系
なし

・撮影系
なし

・その他&突発系
なし

・読了本
坂本明『完全版 最強 世界の戦闘車両図鑑』学研プラス 2017年第1刷
陳奮館主人『江戸の芸者』中公文庫 1989年発行
『サンライズロボットアニメ大解剖』三栄書房 2018年

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月の予定

・イベント系
ほんくら会、ガンダム講談、エッシャー展(済)

・私用系
PC受け取り

・研究会系  
ミニコミ3号資料収集・整理&草稿執筆、HP仕様変更

・撮影系
方違神社、旧浜寺公園駅舎

覚書のため未決定含む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あべのハルカス美術館『ミラクル エッシャー展』に行ってきた。

本日4日(金)、なんとかハルカス美術館で開催中のエッシャー展に行ってきました。

とは言え開館時間を間違え、1時間も早く到着w。

しかたがなく朝飯を食べ、本屋で物色し、再び会場に訪れたのが10時5分。

もうすでに長蛇の列でした。

といってもチケット購入5分待ち、入館10分待ちでしたので待ち時間のストレスアはさほど感じずまずまずと言ったところ。

本展は、エッシャーの約150点の作品を「科学」「聖書」「風景」「人物」「広告」「技法」「反射」「錯視」の8つの観点から分け、解説しております。

有名な作品だけでなく、初期の作品や木版、直筆のドローイングも展示。

不勉強、無知をさらけ出しますが、ずっとエッシャーの作品は、ペン画もしくは点描画だとなぜか思い込んでいた私には版画家だと知って仰天。

その版画が間近でみると彫り跡のわかる版画ですが、少し離れると写真のように写実的でその技法の素晴らしさ、構図の妙に感嘆の息を漏らすばかり。

木版画だけでなく、リトグラフ他版画技法に関しても何種類も使い分けていたのもすごいの一言。

2時間かけて作品を見ましたが、その時間を忘れてしまうぐらいでした。

エッシャーと言えばだまし絵で有名ですが、それ以外の作品を見て彼の才能・センス・技量の高さをもっとしてもらいたいものです。

大阪では1月14日までそのあとは福岡で開催です。

関西の方は、この機会に是非。

『ミラクル エッシャー展』
http://escher.jp/

そうそうエッシャーでも作品は版画なので一発で満足できる刷り上りがなかなかできなかったみたい。

スタジオに委託した作品で約60枚刷って後半の方、自身が刷ったと思しき作品でも20~40枚刷って後半の刷りでやっと満足できる仕上がりになったみたいですね。

やはり版にインクがなじむのにそれぐらい掛かるということなのかな。

以前大倉さんに版画についてちょっと教えてもらったので多分他の人より、より楽しめた気がします。

あと蔵書票なんかも作成していたんですね。

個人的にはその蔵書票が欲しいなーw。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

 

 
本年度も宜しくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »