« 観劇! オリゴ党番外公演「フェアリーテイル」 | トップページ | 4月17日新着本 »

【七井コム斎の∀ガンダム講談会12〜黒歴史の衝撃】に行ってきた。

昨日15日(日)は、久しぶりのターンエー講談会。

岩橋アカハナさんは、主宰劇団公演のため、欠席。

その代わり花井さんが駆けつけてくれました。

この日の番組表は以下の通り

  • ミンキー:オタク漫談「アニメ特撮黒7」
  • 七井コム斎:ターンエー講談「騒ぐ磯辺の運河人」
  • SYO-ZAKU:ミニライブ
  • 七井コム斎:ターンエー講談「アグリッパ・メンテナーはかく語りき」
  • Bugって花井:漫談
  • 七井コム斎:ターンエー講談「ただひたすらに月(くに)のため」

今回は本編の第40話「月面の海戦」~第44話「敵、新たなり」までの講談化。

ロランやディアナ、リリ様も活躍していますが、今回はアグリッパ、ミドガルドにスポットが当たっています。

特に第二席「「アグリッパ・メンテナーはかく語りき」は秀逸。

ディアナの性格、月の状況、自身の立場を本編では判りづらかった部分をアグリッパの一人語りで見事に表現。

コム斎さんが講談化に当たり、今回も何度も何度も本編を見返し、色々と考察した成果は、三席目のミドガルドのセリフと行動にも反映されています。

全体的にこのターンエー講談では、一人語り、独白形式で語られる一席が、効果的に用いられています。

それが判りやすく状況を説明したり、本編ではさらっと流された登場人物に心情を語ってくれます。

それが余計に講談に、ターンエーの物語に深みを増す要因となっているのでしょうか?

このターンー講談会も、なんと後2回で最終回。

エンディングを知っていても、いなくてもどんな風に講談では終わりを迎えるのか?

気になりますよね!

20180415

【七井コム斎の∀ガンダム講談会13〜再び地球へ】
日時:5月20日(日) 14:30開場/15:00開演
場所:なんば紅鶴(大阪市中央区千日前2-3-9味園ビル2F)
会費:予約2000円 当日2500円 (1ドリンク別)
ネット予約:(前日まで)https://ws.formzu.net/fgen/S97149854/

久々のコスモ鳥貴族主義も大満足!

ユニバース!

|

« 観劇! オリゴ党番外公演「フェアリーテイル」 | トップページ | 4月17日新着本 »

日常日記」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168355/66618889

この記事へのトラックバック一覧です: 【七井コム斎の∀ガンダム講談会12〜黒歴史の衝撃】に行ってきた。:

« 観劇! オリゴ党番外公演「フェアリーテイル」 | トップページ | 4月17日新着本 »