« 3月21日新着本 | トップページ | 2018年4月の予定 »

第十四回孫市まつりに行ってきた。

本日25日(日)、今年も和歌山市で開催の孫市祭りを観にいってきました。

今年は良い天気。

プログラムはこんな感じ。

  • 10:30~ 武者行列
  • 12:00~12:30 日本一の野外劇「鷺森本願寺にて最終決戦」
  • 鉄砲演武 1回目(12:00~12:30) 野外劇にて紀州雑賀衆鉄砲隊。
  • 鉄砲演武 2回目(12:45~13:15)彦根鉄砲隊、堺鉄砲隊、丹波亀山鉄炮隊
  • 鉄砲演武 3回目(14:30~14:45)根来鉄砲隊
  • 鉄砲演武 4回目(15:40~15:55)紀州雑賀鉄砲衆①+THE BEATコラボ演武、紀州雑賀鉄砲衆②+黒潮躍虎太鼓コラボ演武
  • 歩行者天国催し物
    自由市「孫市の市」・スポーツチャンバラ・・バスケットピンポン・アニソンDJ他
  • 境内催し物
    ・ライブ・雑賀衆ビデオの上映・甲冑体験コーナー・模擬火縄銃体験コーナー・坂本亮太氏講演会「戦国時代の湯河氏と雑賀」・屋台

20180325-01

今年は武者行列の途中から観覧。

無事ジオン武者さんにもご挨拶できました。

武者行列、コスプレ組が前回より少なく、甲冑隊もグループ数が多くなったかわりに、グループ人数が少なくなった気がします。

前週に日本橋のストフェスだったから、今回はその影響がもろに出てしまったんでしょうか?

さて最初は鉄砲演舞が目的で観に来ましたが(今でも目的の一つですが)、野外劇もなかなか。

信長役の西村西村匡生が抜群に格好良い!

この方はずっと信長訳で出続けてほしいです。

20180325-02

その野外劇、信長軍を孫市率いる雑賀衆が撃退したという史実(?)も基づいたもので、毎年そのあらすじを基本に誰かが捕らわれた、罠にはめられた、という状況を孫市たちが見事ひっくり返して信長を撃退するというもの。

今回は顕如も登場し、どんなドラマにするのかなと思いきや。

顕如にヌンチャク振り回せさせて戦わしちゃダメ。

あまりにも交渉を無視した演出にお客さんから失笑。

良い役者さんたちが出演しているのに残念。

第何回から野外劇をやっているのかわかりませんが、もう一度初心に戻ってストーリーを見つめ直すべきではないでしょうか?

それに今回、野外劇が終わったら、すーっとお客さんが減りました。

前回はそのまま一回目の鉄砲演舞までそれなりにお客さんが境内に残っていたはずなのに。

そこも気になった点の一つ。

そういう私も2回目の鉄砲演舞を見て帰っちゃったんで人のことは言えませんが。

イベントごとって難しいですね。

といいつつも来年も観にいきますよ。

和歌山生まれの和歌山育ちですから。

余談

会場で小耳に挟んだことで根来鉄砲隊は斉射のタイミングが抜群に上手く、綺麗に鉄砲演舞を見せるだとか。

個人的に推しは、丹波亀山鉄砲隊。

黒揃え、もしくは暗い色の甲冑でそろえ、演舞の人数も6人と鉄砲隊の中では多め。

それに「玉込めぇ~」などの号令の声もよき響き、演舞も格好よかったです!

|

« 3月21日新着本 | トップページ | 2018年4月の予定 »

日常日記」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168355/66537830

この記事へのトラックバック一覧です: 第十四回孫市まつりに行ってきた。:

« 3月21日新着本 | トップページ | 2018年4月の予定 »