« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2月20日新着本

本日追加した本は以下の通りです。

カテゴリー「リトルプレス>オリゴ党」 計1点

5070620010 岩橋貞典『オリゴ党上演台本「折紙の適応戦略』劇団オリゴ党 ¥500

なお上記金額は販売価格です。詳細は下記URLよりどうぞ。

目録:http://dreammesse2005.cart.fc2.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【七井コム斎の∀ガンダム講談会11 月世界の門】に行って来た。

本日18日(日)は、ガンダム講談の日。

20180218

  • 番組表
  • 七井コム斎:ターエー講談「ミドガルドの胸の内は」
  • 岩橋赤鼻:今月の書評
  • 七井コム斎:ターエー講談「影武者の恋」
  • SYO-ZAKU:ミニライブ
  • 七井コム斎:ターエー講談「爆裂!ミスルトゥ」

今回は、第37話「月世界の門」、第38話「戦闘神ギンガナム」第39話「小惑星爆烈」の講談化。

ギム・ギンガナム登場、キエルとハリーのラブシーン、キャンサーとムロンの行く末と重要な登場人物、大事なシーンが目白押し。

でも今回の講談、ミドガルドが主役のようなもの。

一席目で、自分の境遇、そして地球に来てからの心境の変化を語り後の行動でディアナに対する思いを言葉にせず、態度で表す。

三席目で実は根は良い人であったと気付く退去を促す通信。

都合の良い嘘ではなく、アニメの行間に描かれていないところを丹念に何度も見直して講談に仕上げたコム斎さんのターンエー愛の賜物。

ターンエーガンダムには数多く悪役は登場するが、悪人はいないと思わせる。

話の素晴らしさ、生き生きとした登場人物、どれを取っても、このターンエー講談は毎回観客の心の琴線に触れる内容ばかり。

ターンエーガンダムをあまり知らなくても、どの回に来ても、外れ無し。

みんなそれが分っているから、講談会はいつも満員。

だからこそ未見に人には、ターンエーガンダム講談があるうちに一度是非生で観てもらいたいものです。

来月はストフェス侵攻作戦のため、講談会はお休み。

次回は4月になります。

みんな観に来てよ!ユニバース!!

 

【七井コム斎の∀ガンダム講談会12-黒歴史の衝撃】
日時:4月15日(日) 14:30開場/15:00開演
場所:なんば紅鶴(大阪市中央区千日前2-3-9味園ビル2F)
会費:予約2000円 当日2500円 (1ドリンク別)
ネット予約:(前日まで)https://ws.formzu.net/fgen/S97149854/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月の予定

・イベント系
ガンダム講談、本暮会(済み)、大阪歴史博物館特別展(済み)

・私用系
なし

・研究会系  
ミニコミ3号資料整理&草稿執筆、HP仕様変更

・撮影系
和歌山アロチ周辺、神戸モトコー(済み)、河内長野

覚書のため未決定含む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特別展「鏨の華―光村コレクションの刀装具―」鑑賞

本日11日(日)は、なんとか朝起きて大阪歴史博物館へ行って参りました。

目的は、特別展「鏨の華―光村コレクションの刀装具―」鑑賞。

20180211

刃物系、火器系、武器好きの私。

でも刀装具に興味を持ったのは、昔お世話になった古書店の影響。

今は刀より刀装具に方が面白いと思うようになりました。

ということは、交友特別展があるのなら行かねばなりません!

で行ってきたわけです。

サブタイトルにある「光村コレクション」とは、刀装具に魅せられた大阪生まれの実業家「光村利藻」のコレクションのことで、現在は根津美術館に多く伝わっています。

その根津美術館に伝わる光村コレクションを中心にした刀装具美術特別展です。

刀装具ということで展示物の大半は、つば、笄、小柄、縁頭などの刀装小物。

縁頭や笄の1㎝ 2cmあるかないかの空間に躍動感あふれる彫金が施されているのを観ると思わずはっとして息も止めてしまいます。

つばはまだ面積が多きため、故事に倣ったテーマ、絵画の模写など多様に跳んでいます。

こちらも見ていて感嘆するばかり。

つばの裏とか小柄の柄とか、目貫とか、当時サムライが刀に着けていてもはっきり言って見難い位置にある箇所。

それにもにこれだけこだわりを持って作品をつくらせるのかと見えないお洒落さん振りに思いをはせても感心。

あまりにも細かい細工が多いので一部展示物には拡大鏡が設けられていますが、ミュージアムグラスをお持ちなら絶対それを持参して鑑賞すべきです。

自画自賛かもしれませんが、やっぱり日本人は手先が細かく、小さな細工でも見るものに大きな物語的なイメージを与えるものを生み出すもんだとずっと感心して眺めていました。

世間では刀身に注目が行きがちですが、このような小さな刀装具の美しさ素晴らしさも見てほしいものです。

この特別展「鏨の華―光村コレクションの刀装具―」は、大阪歴史博物館で3月18日(日)まで開催。

少しでも興味がある方は是非に。

 

大阪歴史博物館 特別展「鏨たがねの華―光村コレクションの刀装具―」
http://www.mus-his.city.osaka.jp/news/2017/taganenohana.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月の達成

・新着本アップ数
8点(2/6/0/)

・イベント系
ターンエーガンダム講談会&飲み会

・私用系
車検段取り

・研究会系
なし

・撮影系
なし

・その他&突発系
I社同期とのランチ、歯科、鑑賞『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』

・読了本
神戸新聞但馬総局(編)『城崎物語』神戸新聞出版センター 昭和58年第1刷
『新旅行案内4 房総水郷と水戸』日本交通公社 昭和34年5版

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »