« 「ガラクター」さんと「イカリヤ」さん | トップページ | 『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』 を観てきた。 »

【七井コム斎の∀ガンダム講談会10〜ミリシャ宇宙一揆】に行って来た。

昨日14日(日)、2018年最初のガンダム講談会に行ってまいりました。

20180115

以前まで15時30分開演だったのが、30分早い15時開演になりました。

いつものように15分ほど前に会場につきましたが、ほぼ満員状態。

みんな楽しみにしていたということでしょうか?

この日の番組表は以下の通り。

  • ミンキー:オタク漫談「戦艦 神セブン」
  • 七井コム斎:ターエー講談「ザックトレーガーの番人」
  • SYO-ZAKU:ミニライブ
  • 七井コム斎:ターンエー講談「ヤーニ少尉の引力下がり」
  • 岩橋赤鼻:書評
  • 七井コム斎:ターンエー講談「ミリシャ宇宙一揆」

コム斎さん以外は、黒い衣服の三人組、レギュラー黒い三連星(w)。

久々のミンキーさんの戦艦に大空魔竜をぶち込んでくる意外性、SYO-ZAKUさんの格好のよいアレンジと抜群の歌声、岩橋さんの読書家振りと人をひき付ける書評の上手さ。

年初めから楽しめました。

コム斎さんの講談は、第35話『ザックトレーガー』第36話『ミリシャ宇宙決戦』を元にしたもの。

『ミリシャ宇宙決戦』は、ヤーニ少尉が酒樽に入って宇宙に飛び出す件とミハエル大佐の反乱の二席に分けてました。

この話は、名シーンが多く、講談でも大いに楽しめました。

ですが、今回は個人的に「ザックトレーガーの番人」が秀逸。

オリジナルには登場しないザックトレーガーに配置されたディアナカウンターの少尉以下兵士中心に語られる講談。

この目線だからこそ、最後のディアナとキエルの会話の時、その場にいてるような光景が頭によぎりました。

そう、ザックトレーガーの中から自分が兵士の一人として、二人の会話を聞きながら宇宙に浮かぶ二隻を眺めている光景が浮かび、より感情移入もし易くなりました。

テレビだと視聴者目線になると思うのですが、耳から入ってくる情報が主だからこそ楽しめる一席。

この講談を聴いて思い出したのは、∀ガンダム講談会6回目の「トロイの独白」の一席。

こちらも原作と違い、サブキャラクターのトロイ目線で描かれた講談。

印象深い講談でしたが、今回もそれに負けず劣らず。

目線を変える、ガンダム講談、ターンエー研究を重ねてきたコム斎さんならではの切り口ではないでしょうか?

だからこそ、わかり易いもありますが、原作を知っていてもどうい言う切り口で講談にしてくるだろう考えると楽しみがつきません。

来月が待ち遠しいです。

 

【七井コム斎の∀ガンダム講談会11〜月世界の門】
日時:2月18日(日) 14:30開場/15:00開演
場所:なんば紅鶴(大阪市中央区千日前2-3-9味園ビル2F)
会費:予約2000円 当日2500円 (1ドリンク別)
ネット予約:(前日まで)https://ws.formzu.net/fgen/S97149854/

|

« 「ガラクター」さんと「イカリヤ」さん | トップページ | 『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』 を観てきた。 »

日常日記」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168355/66282752

この記事へのトラックバック一覧です: 【七井コム斎の∀ガンダム講談会10〜ミリシャ宇宙一揆】に行って来た。:

« 「ガラクター」さんと「イカリヤ」さん | トップページ | 『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』 を観てきた。 »