« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

9月24日新着本

本日追加した本は以下の通りです。

カテゴリー「リトルプレス>オリゴ党」 計3点

5070620006 岩橋貞典『オリゴ党上演台本「ヤバカワイー」』劇団オリゴ党 ¥500

5070620007 岩橋貞典『オリゴ党上演台本「ほにゃらら殺人事件」』劇団オリゴ党 ¥500

5070620008 岩橋貞典『オリゴ党上演台本「エクスカリバーズ」』劇団オリゴ党 ¥500

なお上記金額は販売価格(税込み)です。詳細は下記URLよりどうぞ。

目録:http://dreammesse2005.cart.fc2.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風にも負けず【七井コム斎のゲーム講談会~そして伝説へ】に行ってきた。

昨日17日(日)は大阪に台風が迫る中、久々に難波は千日前にある味園ビルへ。

コム斎さんのゲーム講談会に行ってきました。

20170918-01

東京では4月に行われましたが、大阪ではこれが初。

久々の講談会がゲーム講談会。

どんな講談会になるのか、期待と不安で・・・ドキドキw。

この日の番組表は以下の通り。

  • ミンキー:ミンキーの世界「ロボットゲーム3」
  • 七井コム斎:講談ドラゴンクエスト「メルキド包囲」
  • コロニー落とし:ライブ
  • 七井コム斎:講談ゼルダの伝説「神々の作りし国」
  • ァミコン・キッド:ゲーム朗読「逆転ルイージ」
  • 七井コム斎:講談サクラ大戦「太正上野合戦」

ミンキーさんは、所有ロボットゲームの紹介。

キッドさんは、自身も次男であるため、それもダブっての兄より優れた弟はいないの前提でルイージの悲哀こもごもをゲームネタちりばめながら朗読。

初見のコロニー落としさんは、テクニックに裏打ちされた上でのオリジナリティを出したゲームサウンド。

ただゲーム音楽を学区で再現するだけでなく、他の曲とハイブリットさせてくるなど、ベテランの粋うぃ披露

素敵でそして楽しく面白いライブ。

そして格好よい演奏。

またコロニー落としさんのライブも見てみたいです。

前日にあったライブ行けばよかったなとちょびっと後悔。

でも、次ぎ見る機会あがるかもしれないという楽しみが出てきました。

さてゲーム講談のほうは、個人的には三席とも元ゲームの名前は知っていてもプレイしたことはありません。

でもそれでもゲームの雰囲気が伝わってきて十分すぎるほど面白かったです。

特に一席目のDQ講談。

ゲームの前日譚に当たるそうですが、修羅場読みといい、言い回しといい、西洋兜の表現といい、講談の要素を凝縮した内容。

それが受け手にとって良と移るか否と取るかは分れる所でしょうが、私としてはこの続きが聞きたいなと思わせる講談でした。

ゲーム講談を聴いてドラクエの世界を旅するのも良いかなと思う次第。

この講談を通して感じたことは、みんなゲームが好きなんだなということ。

大阪での次回ゲーム講談の開催日は未定ですが、今度はどのゲームの世界に誘ってくれるのかな?

待ち遠しいです。

今回のどなりはコロニー落とし~ぃ!

でも次回からは再び味園~ユニバース!です。

 

【七井コム斎の∀ガンダム講談会7?夜中の夜明け】
日時:10月15日(日) 15:00開場/15:30開演
場所:なんば紅鶴(大阪市中央区千日前2-3-9味園ビル2F)
会費:予約1500円 当日2000円 (1ドリンク別)

今回の戦利品

コロニー落としさんのバッチにシールにトートバッグ(小)。

20170918-02

このバッグを持って、どこに出かけようかな♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

観劇、オリゴ党25周年公演「エクスカリバーズ」

昨日は、本暮会の午後会議の後、シアトリカル應典院へ。

オリゴ党さんの第40回公演にして25周年公演。

25名の役者さんが所狭しと大奮闘。

大人数でわちゃわちゃになるかと思いきや、見事な演技のハーモニー。

さすが!

さて内容は簡単に言うと自分の居場所を作る闘いに敗れた男が、もう一度冒険に出るというお話。

恩師の葬式にたまたま25年ぶりに帰ってきた男が、幻に導かれ、過去の記憶の中に迷い込む。

ある事件がきっかけで故郷を捨てることになった。

だがそれは自分自身大人になりきれていない証だった。

男は過去に自分に向き合い、そして歩き出した。

現在と25年前の記憶の世界と上手く呼応させ、テンポ良い進行。

はらはらさせながらも、最後はほろりとさせてくれる。

私自身も故郷を離れて暮らしているので(といっても50kmぐらいの距離だが)、離れたものの心情というのが自分と重なるところも多く、胸に深く突き刺さるような芝居。

実家暮らしの人では、共感し得ないなんとも感情を抱きました。

それでも不愉快な終わり方ではなく、どんな雨に降られようとも前へ前へと歩いて行こう、明日への希望を失わないで生きようという背中を後押しされるような終わり方。

今日予定がなければもう一回観にいこうかと思ったぐらい良い作品でした。

主役の有馬さん、なんかちょっと弱いいじられキャラみたいな役を演じるとピカイチな気がするな~。

AGATAさんの衣装も可愛かったし、ハープの演奏も素晴らしかった。

ハープってあんな指の使い方するんだ!

皆さんの楽器演奏も観て、聴いていても楽しかった。

黎明さんのすっきりも見られたし~w。

大阪芸大、キャシャーン、ポンジュース、ムカデ人間、誠が気になったww。

本当に25周年にふさわしい公演だと思いましたよ。

そう、だれもが思春期の自分を、あの時の自分を裏切れないのだ。

 

しかし、イワハシさん、自身のエクスカリバー伝説ネタにしちゃうとはww。

 

そして、今回会場で販売していた「エクスカリバーズ」の台本。

20170910

上演中の台本をその場で販売しちゃうとか太っ腹!

近日、当店に入荷予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月の達成

・新着本アップ数
10点(2/8/0/)

・イベント系
総火演

・私用系
眼科検診

・研究会系 
なし

・撮影系
神戸

・その他・突発系
なし

・読了本
小山 譽城(編著)『和歌山県謎解き散歩』新人物往来社文庫 2012年第2刷
天野 太郎 (監修)『南海沿線の不思議と謎』 実業之日本社じっぴコンパクト新書 2016年初版第1刷
田中緑紅『京の地名』緑紅叢書 昭和37年発行

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »