大阪逆上陸!【七井コム斎のガルパン講談会1~戦車前進】

遅くなりましたが、16日(日)、ガルパン講談会へ行ってきました。

2017年に東京で先行上演されていた演目が、大阪逆上陸です。

番組表は以下の通り

  • ミンキー:オタク漫談「アニメ特撮 砲7」
  • 七井コム斎:ガルパン講談「西住みほ 大洗に来たる」
  • SYO-ZAKU:ミニライブ
  • 岩橋赤鼻:漫談「今日の散財・書評・劇団の小道具」
  • 七井コム:ガルパン講談「冷泉麻子 白昼夢の戦」
  • Bugって花井:漫談「鮫・仏像・サメ映画」
  • 七井コム斎:ガルパン講談「聖グロリアーナより愛を込めて」

実は東京でのガルパン講談会1、私は観ていました。

「七井コム斎のガルパン講談会1~戦車前進!~」に行ってきた。
http://dream-messe.txt-nifty.com/books/2017/06/index.html

そのときのテーマ、一席目は友情を、二席目は世界観を、三席目は戦車戦を描いたものは変わません。

ですが、前回よりより洗練された講談になっていたように感じました。

女の子は可愛く、戦車戦は緊迫感を、テンポ良く演じてました。

未見、初見の人にもわかりやすいようにと時折挟み込まれる説明。

それも講談全体の腰を折ることなく、上手く流れに合致し、最初の講談会のときよりもより戦記物のとして完成度が高く感じました。

次回は、サンダース、アンツィオ、プラウダ三連戦です。

こちらは生では未見(CDは持っている)なのでどのように進化を遂げているか、期待大です。

さて、この日は久々にレギュラーメンバー勢ぞろい。

アニメ特撮映画から自分好み、か突拍子もないチョイスで、戦車系乗り物を物まねを絡めて紹介するミンキーさん、クールなミニライブだけでなく、前説の○○ネタも聞き逃せないSYO-ZAKUさん、深海より深いサメ愛、大海原よりも広いサメ知識を如何となく発揮する花井さん、プラモデル・書籍・劇団の小道具とオタネタ豊富で絶妙な語りの岩橋さん。

このメンバーが集まる講談会は、何度来ても楽しいです。

【七井コム斎のガルパン講談会2〜雪中行軍】
日時:10月14日(日) 14:30開場/15:00開演
場所:なんば紅鶴(大阪市中央区千日前2-3-9味園ビル2F)
会費:予約2000円 当日2500円 (1ドリンク別)
ネット予約:(前日まで)https://ws.formzu.net/fgen/S97149854/
出演:七井コム斎
『強敵サンダースを精密射撃に破る』
『激闘アンツィオ!装甲越しに友が見えた』
『雪中に包囲を受けあんこう踊りを踊る』
『プラウダの地吹雪に血路拓いて』

もちろん来月も行きますよ。パンツァー・フォー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月13日新着本

本日追加した本は以下の通りです。

カテゴリー「リトルプレス>劇団オリゴ党」 計3点

5070620013 岩橋貞典『オリゴ党上演台本「カーゴ・カルト」』劇団オリゴ党 ¥500

5070620014 岩橋貞典『オリゴ党上演台本「ストリングス」』劇団オリゴ党 ¥500

5070620015 岩橋貞典『オリゴ党上演台本「あおのじだい」』劇団オリゴ党 ¥500

なお上記金額は販売価格です。詳細は下記URLよりどうぞ。

目録:http://dreammesse2005.cart.fc2.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月の予定

・イベント系
ほんくら会、ガルパン講談、オリゴ党観劇、Perfumeライブ

・私用系
日前宮参拝(済)

・研究会系  
ミニコミ3号資料収集・整理&草稿執筆、HP仕様変更

・撮影系
長野、松本、浅草

覚書のため未決定含む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月の達成

・新着本アップ数
7点(0/7/0/)

・イベント系
総火演・戦艦三笠見学

・私用系
眼科検診

・研究会系
なし

・撮影系
神戸モトコー7、戦艦三笠

・その他&突発系
散髪

・読了本
増田弘道『製作委員会は悪なのか?アニメビジネス完全ガイド』星海社新書 2018年第1刷
高橋啓介『珍本古書』保育社カラーブックス 昭和53年発行
並木伸一郎『最新 禁断の異次元事件』学研パブリッシング 20014年第2刷
『自衛隊防災BOOK』マガジンハウス 2018年第1刷

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成30年度総火演と記念艦三笠

さてさて、遅くなりましたが、25日26日に総火演と戦艦三笠に行ってきました。

24日金曜日の深夜に大阪を出て、25日土曜日に総火演、一泊して翌日26日日曜日に戦艦三笠見学というスケジュール。

隊長のご好意でなんと我が姪っ子wも引き連れての参加。

前日までW台風で電車も運休が多く、まず現地にたどり着けるか心配が残りましたが、無事運行中の寝台列車サンライズ瀬戸に乗車。

御殿場駅に着くとなぜか旧軍の九五式軽戦車がお出迎え。

20180825-01

大阪組5名、しばしの待機の後、名古屋組2名、東京組2名、無事合流。

この日の御殿場は曇天で時折ぽつりぽつりと雨。

厚い雲に覆われて富士山も見えません。

20180825-02

去年は晴天も晴天、カンカン照りだったので、これぐらい曇っていたほうが過ごしやすかったqです。

本番前日のためか、台風のためか、去年に比べ人も気持ち少なめ。

少な目といっても1万人以上は来ていたと思います。

さて、この日のプラグラムは以下の通り。

  • 前段演習-陸上自衛隊の主要装備品の紹介
  • 陸上自衛隊広報ビデオの放映
  • 音楽演奏
  • 陸上自衛隊の主要装備品の紹介
  • 後段演習 島嶼部に対する攻撃への対応
  • 部隊配置
  • 機動展開
  • 奪回
  • 音楽演奏
  • 装備品展示

ただし天候不順のため、前段の音楽演奏、空挺降下はありませんでした。

またF-2も飛行していましたが、雲に阻まれて姿は見えず、音だけ。

今回の参加装備の目玉は、16式機動戦闘車、水陸両用車、ネットワーク電子戦システム車ではないでしょうか?

そのほか87式自走高射機関砲、10式戦車といった特定の地域でしか見る事が出来ないレア車両も。

それら車両が行う実弾演習はやはり迫力満点。

発射時の衝撃、空を切る弾丸砲弾ミサイル、着弾時の煙。

特に走行しながらの戦車砲撃なんかは、駐屯地記念行事で体験できないもの。

何事も肌で感じるのは大切です。

富士教導団のみなさん、お疲れ様でした。

そうそう、名古屋からシャア大佐が秘密裏に視察に来られていましたw。

 

一泊して、翌日は横須賀へ。

記念艦「三笠」見学です。

20180826-02

この日は前日とうって変わって晴天。

三笠の甲板をうろうろしているだけで日焼けしちゃいました。

三笠については、日露戦争の旗艦という程度しか予備知識がなかったのです。

なので退役後、甲板上の構造物を全部撤去してダンスホールや水族館になっていたこと。

それを憂いた人たちが、(ある程度外見のみ)甲板上を復元したこと。

今では上甲板は往年の姿をしのんだ復元展示。

中甲板から下はほぼ当時のままで、三笠や日露戦争についての展示物が置かれているギャラリー・博物館的なものとなっております。

日曜日ということもあり、海上自衛隊横須賀音楽隊の演奏もあってか、家族連れなど来館者も多くにぎわっていました、

1902年竣工の歴史の重み、戦艦でありながら退役後の戦争による数奇な運命の姿を目の当たりにしました。

何事も現地に足を運んで見てみるものですね。

非常に充実した二日間でした。

M隊長殿、ありがとうございました。、

また機会があれば、来年も行きたいなぁ~。

20180826-01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月の予定

・イベント系
総火演・戦艦三笠見学

・私用系
眼科検診

・研究会系  
ミニコミ3号資料収集・整理&草稿執筆、HP仕様変更

・撮影系
神戸モトコー、横須賀

覚書のため未決定含む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月の達成

・新着本アップ数
12点(2/10/0/)

・イベント系
本くら会-ヒトタナ&たほいや、劇団宇宙移民観劇

・私用系
大倉さん御接待

・研究会系
なし

・撮影系
富田林、新世界、近所

・その他&突発系
なし

・読了本
神戸新聞社(編)『神戸の地名』神戸新聞出版センターのじぎく文庫 昭和50年発行

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月31日新着本

本日追加した本は以下の通りです。

カテゴリー「オカルト>謎の日本史」 計2点

1010200090 安本美典講談社『卑弥呼の謎』現代新書 ¥200

1010200091 川副武胤『古事記の世界』教育社歴史新書 ¥300

なお上記金額は販売価格です。詳細は下記URLよりどうぞ。

目録:http://dreammesse2005.cart.fc2.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

観劇「劇団宇宙移民旗揚げ公演~~あにめじゃない、6つの記憶の歌~」

本日22日(日)、昨日初日を迎えた劇団宇宙移民の公演を観にいってきました。

ガンダム講談会にも出演されたランバ・ラル中野さん主宰、七号さん、昨年のストフェスジオン兵にも来られた四舞羽ヒロシさんも出演。

これは見逃すわけには行きません!

私が会場に到着したときはほぼ満席。

なんか講談会と違う客層にちょっと戸惑いw。

さて物語は、様々な災厄で滅亡を迎えようとしている人類が、宇宙へ移民するという連作短編SFストーリー。

魅せるところはみせ、歌有り、ダンス有りの盛りだくさん。

ただしオタネタはホンのわずか。

そしてほろりとさせる。

テーマの「絆」は伊達じゃない。

その絆は、劇中だけでなく、旗揚げに参加した役者さん。

会場に足を運んだお客さん。

すべてに通じます。

旗揚げにこのテーマを選んで非常に良かったと思います。

いつも観ている小劇場演劇とはまた違ったテイストのお芝居。

大変でしょうが、是非次回も公演をしてほしいです。

渡部友美さんやRENKAさんも良い演技していたな~。

出演者の今後の活動、チェックしなきゃ。

しかし、中野さん、本業はデザイナーのはずなのに、劇団立ち上げるわ、劇中歌を作るわ、(たぶん)脚本演出も手がけるわ、凄い。

おっさん達の星ですわ!

劇団宇宙移民に栄光あれ!

ジーク・ジオン!

20180722

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本くら会で「たほいや」を楽しんできた。

本日14日(土)、じないまちで本好きの会「本ある暮らしの会」主催の広辞苑バトル「たほいや」に参加してきました。

参加者9名のため、ペアになってのチーム対抗戦。

で、我がチームの成績は、残念ながら4位。

みんなが悩みそうなお題、うそっぽいような正解、正解に見えるような嘘の解答。

出題者の性格、チームの傾向、解答の文章、様々な洞察と駆け引きが必要とされます。

2回目だが、なかなかに難しい。

本当に頭の体操です。

次回こそは、目指せ一位。

今回のお題。

  • ぼうぶら
  • らって
  • しりがい
  • わんしゃ
  • しゅんむ
  • うなむの
  • しらはえ
  • ちんこきり

素直に考えるか、うがってみるか。

その正解を見つけ出すのは貴方次第。

20180714

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2018年7月の予定