2018年5月の達成

・新着本アップ数
7点(2/5/0/)

・イベント系
ガンダム講談、千僧駐屯地記念行事、本くら会-ヒトタナ&架空読書会

・私用系
元上司と飲み、車検事前点検、散髪

・研究会系
なし

・撮影系
なし

・その他&突発系
なし

・読了本
レ・ファニュ『吸血鬼カーミラ』創元推理文庫 1981年17版
稲川淳二『稲川淳二のここがコワインですよ』朝日ソノラマハロウィン・セレクト文庫 平成5年第1刷

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最終回!【七井コム斎の∀ガンダム講談会14~月光蝶】

一昨日10日(日)は、第14回ターンエー講談会。

2017年2月の第一回目から約1年半。

ついに宇宙世紀の講談が完結します。

感無量。

この日の番組表は以下の通り。

  • 七井コム斎:ターンエー講談「まちがいの月光蝶」
  • SYO-ZAKU:ミニライブ
  • 七井コム斎:ターンエー講談「コレン・ナンダー三功名」
  • Bugって花井:鮫人緊急レポート
  • 七井コム斎:ターンエー講談「天地往来住処の自由」

レギュラーのミンキーさんと岩橋さんがいないのはちょっと残念。

印象に残ったのは、花井さんの鮫人の話。

聖徳太子はともかく、先代旧事本紀、籠神社、陰謀論まで飛び出し、私の心を鷲掴みw。

さて講談の方は、ラストにふさわしい内容。

ただでさえいつもより情報量の多い最終回を判りやすく、それでいて見せ場たっぷりに講談化。

この辺り、原作は未見なのですが、聴いていて自然に脳内で同時に登場人物たちが所狭しと映像が見えるよう。

引き込まれるような修羅場読み、講談独特の言い回しが、緊張感と臨場感をさらにあおる。

ハリーやポゥ、ロランと個性的なキャラたちも最後ということでコム斎さんが感情豊かに熱演。

でも最終回を引き立てたのは、個人的にコレンじゃないかと思う第二席。

つかみ所がなかったコレンが黒歴史の生き残りとしての義務、覚悟が伝わってきた感じ。

ロランたちのため、未来への扉を開けた彼こそはターンエーの裏の主人公だったと思わずにいられません。

そして最後のターンエー研究を重ねたコム斎さん独自の演出、それぞれが違う未来を歩むもしれないことの示唆、真のエンディングともいえるロランの帰還。

本当の大団円でした。

あの件の講談を聴いて、ターンエーは一つではなく、観た聴いた人たちそれぞれにそれぞれのターンエーがいるんじゃないか、いても良いじゃないかと思えて仕方がありません。

神回ともいえる講談が目白押しだったターンエー講談。

これが最後、寂しい限り。

でも第1回から最後の第14回まで参加することができてとても楽しかったです。

これこそホワイトドールご加護だったのかもしれませんね。

大阪では秋からガルパン講談が、来年にはもう一度ファーストガンダム講談を始めるそうです。

それまでターンエー講談を思い起こしながら、楽しみに待つとします。

ユニバース!

20180610

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今月も本くら会へ行って来た。

一昨日9日(土)、車を車検に出した後、電車でおんびりと富田林まで。

この日は「本ある暮らしの会」開催日でした。

当日の活動内容は、本のおゆずり市と会議。

8月のじないまち灯路、まちライブラリーについて。

それらについて話しているとお客さんが。

若者二人組で本棚の隅々まで眺め、「お、すげえ」とか楽しそうに本を探して下さいました。

そんな光景を見ているとこちらも楽しい気分に。

色々をお買いあげも頂き、うれしさ倍増w。

さて閉会後は打ち上げに。

月一ですが顔を併せているのに、一緒に飲むというのは初めて。

いつも以上に楽しい一日でした。

 

さて、来月の本くら開催日は7月14日(土)。

久々に「たほいや」開催予定。

強者どもよ、来たれ!

詳細は下記ツイッターアカウントにて随時アナウンス。

みんなチェックしておいてね。

本ある暮らしの会
https://twitter.com/BooK_LieF0

 

さあて来月のおゆずり市、どんな本を持っていこうかな??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大倉ひとみ個展「Lost Pieces」鑑賞

さて昨日2日(土)、新幹線で上京、夜行バスで帰阪とタイトな予定の真の目的は、大倉ひとみさんの個展に行くこと。

去年は日程の都合がつかず、涙を流しましたが、今回は無事行くことができました。

今回もレトロなアパート改装したギャラリーでの開催。

絵画あり、版画あり、造作物ありと今までにない多種多様さ。

懐かしい風景、レトロな建物に対する優しい眼差しと思いが詰まった作品たち。

大倉さんの変わらぬ思いが作品から伝わってきます。

そんな作品たちを眺めていると仕事でやさぐれ疲れた心を癒してくれました。

今回も観に来て良かった、そう思わせてくれる作品展です。

大倉ひとみ個展「Lost Pieces」、開催は6日(水)まで。

谷根千に来たら、ぜひ観に来てください。

20180602-01

大倉ひとみ個展「Lost Pieces」
https://twitter.com/chiyoyann
2018年6月1日(金)?6日(水)
於  STOODIO SENDAGI
文京区千駄木2-44-5       03-6311-2496
千代田線千駄木駅下車徒歩3分
12:00~18:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国立科学博物館特別展「人体-神秘への挑戦」に行って来た。

昨日2日(土)、心を癒す旅路にて時間があったので国立科学博物館の特別展に行ってきました。

秋葉原、アメ横のお気に入りのミリ屋を覗いて、12時半過ぎに会場に到着。

ですが週末の為、大混雑。

場制限で約一時間待ち。

整理券を貰って、読書で時間調整。

そして約一時間後、無事入場。

内容は以下の通り。

  • 第1章 人体理解へのプロローグ
  • 第2章 現代の人体理解とその歴史
  • 2-1 循環器系と泌尿器系
  • 2-2 神経系
  • 2-3 消化器系と呼吸器系
  • 2-4 運動器系
  • 2-5 人体の発生と成長
  • 第3章 人体理解の将来へ向けて

人体展ということで臓器のレプリカ、展示モデルが多めでした。

もちろん実物の人体臓器標本(数えられるほど)もありました。

WEBで観た印象では、もっと医学黎明期の貴重な古書や図版の展示が多めかなと思っていたので少し残念。

まあ、ダ・ビンチの「解剖手稿」等わずかですが貴重な書物を観ることが出来たのはラッキー。

それでも普段では観ることの出来ない私たちの身体の中。

それを客観的に観ることが出来るのは貴重です、

そのためか、来場者の会話から察するに医療系学生の見学も多かったようです。

レプリカ、実物標本の展示ということでちょっと苦手という方もいらっしゃる方も多いかもしれませんね。

この特別展「人体」、開催は6月17日まで。

ちょっと気になった方は、一度覗いてみてください。

20180602-02

国立科学博物館特別展「人体-神秘への挑戦」
http://jintai2018.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月の予定

・イベント系
ガンダム講談、大倉ひとみさん個展、本くら会

・私用系
車検、コンタクト検診

・研究会系  
ミニコミ3号資料収集・整理&草稿執筆、HP仕様変更

・撮影系
和歌山アロチ周辺、神戸モトコー、千駄木

覚書のため未決定含む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月27日新着本

本日追加した本は以下の通りです。

カテゴリー「人文>宗教」 計2点

1020100073 岩波書店編集部(編)『聖母マリア』岩波写真文庫 復刻ワイド版 ¥300

1020100074 石川 純一『宗教世界地図』新潮社 ¥300

なお上記金額は販売価格です。詳細は下記URLよりどうぞ。

目録:http://dreammesse2005.cart.fc2.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【七井コム斎の∀ガンダム講談会13〜〜再び地球へ】に行ってきた。

本日20日(日)、ガンダム講談会に行ってまいりました。

20180520

話は終盤。

原作の45話「裏切りのグエン」から第48話「ディアナ帰還」までの講談化。

ラストに向かって更に盛り上がっていきます!

この日の番組表は以下の通り。

  • ミンキー:第4回オタクイズ
  • 七井コム斎:ターンエー講談「ホエールズ大返し」
  • SYO-ZAKU:ミニライブ
  • 岩橋赤鼻:今月の雑談&散財
  • 七井コム斎:ターンエー講談「馬鹿のパン屋の大戦」
  • Bugって花井「鮫の優位性と鮫人の話」
  • 七井コム斎:ターンエー講談「ソレイユの勅令」

アニメ、特撮・映画等と多岐に渡るミンキーさんのオタクイズ、あげあげアレンジのSYO-ZAKUさんの歌、プラモ、本、CDと購入品を披露する岩橋さん、鮫の素晴らしさを熱っぽく語る花井さん。

みんな、「これが好き!」というのが十二分に伝わってきます。

講談もコム斎さんがターンエーが大好きという熱気が観ているほうにも伝わってきます。

二席目最後のキースとディアナのやり取りの多くは、コム斎さんのターンエー研究から導き出した一席で聞いていて腑に落ちました。

また三席目の艦隊戦で本来すがるべき存在を追い出してしまったがゆえに生まれてしまった矛盾ジレンマが解消される件は、聞いていても「ああ、良かった」と心底思ってしまわずにいられませんでした。

キースもリリ様もロランやディアナ、キエルにソシエの存在を霞ませしまうほどの存在感。

こう言うのが判るのもこの講談会の功績ではないでしょうか?

もう最終回に向けて盛り上がりは十分十分・・・。

そんなターンエー講談会も次回で最終回。

講談ではどんなラストを迎えるのか?

最終回ということで寂しい気持ちもありますが、それ以上に気になることばかりです。

 

【七井コム斎の∀ガンダム講談会14〜月光蝶】
日時:6月10日(日) 14:30開場/15:00開演
場所:なんば紅鶴(大阪市中央区千日前2-3-9味園ビル2F)
会費:予約2000円 当日2500円 (1ドリンク別)
ネット予約:(前日まで)https://ws.formzu.net/fgen/S97149854/

 

来月で最後ですが、最後までユニバース!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「陸上自衛隊第3師団創立57周年・千僧駐屯地創設67周年記念行事」へ行ってきた。

本日13日(日)、小雨でも決行とのことでしたので伊丹市にある千僧駐屯地記念行事に行ってまいりました。

行きの電車で姪っ子に良く似た子がいるなと思ったら姪っ子だったり(姪っ子も私に良く似た人いるなぁと思っていたらしい)、レインポンチョが入っている袋だと思ってカバンに入れたらビニール袋しか入っていない袋だったり、ハプニング続出w。

バスも空いていて待たずに乗車。

なんやかんやで無事到着。

20180513-01

この日の予定プログラムは以下の通り。

  • 観閲式
  • 観閲行進
  • バイクドリルチーム「黒豹」訓練展示
  • 格闘訓練展示
  • 戦闘訓練展示
  • 音楽演奏/装備展示/戦車試乗
  • 野外売店/制服試着体験/レンジャー体験/地域広報ブース/ペーパークラフト・塗り絵体験

さてさて、到着当初、雨はぽつぽつ状態。

しかし次第に雨足が激しくなったり、弱まったりの繰り返し。

それでもプログラムどおり開催されました。

ただし音楽演奏は雨の中実施されたかは定かではありません。

雨に降られながら、ぬかるんだグランドでの徒歩行進、バイク展示。

泥だらけになりながら、身体を張った格闘訓練展示に戦闘訓練展示。

晴天時とは違った雰囲気、迫力の訓練展示でした。

これも隊員さんたちの日ごろの訓練の賜物でしょうか?

雨天ということで人でもいつもの3割程度ぐらい。

普段なら手に入ることのない戦車試乗体験の整理券も余裕で入手。

傘を差して試乗はできませんので、雨に濡れながら初戦車体験。

振動、独特な曲がり方。

2分ぐらいの走行試乗でしたが、貴重な体験でした。

いつもなら音楽演奏を聞いたり、装備展示を見たりでぎりぎりまで駐屯地記念行事を満喫するのですが、いかんせん雨には勝てず、比較的早めに撤退。

本当は晴天のほうが楽しいのですが、雨もまた違った雰囲気で楽しめました。

 

最後に雨の中、自衛隊員の皆様、お疲れ様でした。

もちろん来年も楽しみにしています。

 陸上自衛隊 第3師団
http://www.mod.go.jp/gsdf/mae/3d/index.html

 

20180513-02

 

戦車体験試乗したら証明書を下さいました!

 

んで、パンツまで全身びしょ濡れだったので、帰宅後全部脱いで即洗濯w。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本くら会へ行ってきた。

本日12日(土)、久々に富田林はじない町の休日書店青々堂さんで開催された本ある暮らしの会に行ってまいりました。

たぶん2月に顔を出して以来。

ペンギン書店さんのサプライズバースデイ祝いもあり、何時にもまして和やかな雰囲気。

前月好評だった「横暴編集長」×「架空読書会」に参加。

架空読書会に参加も多分半年振り。

さて横暴架空読書会は、自在の本のタイトルを上下に分けて、それを組み合わせてタイトルを決め、架空読書会を行うというもの。

組み合わせ次第では、タイトルだけで名作、迷作、奇作、珍作が生み出される可能性が大。

そして今回生み出されたタイトルは『ペンギン 超古代の牙』。

元ネタは『ペンギン大行進』と『エイリアン超古代の牙』。

疲れましたけど、久々に楽しませていただきました。

次回の本くら会の開催日は、6月9日(土)。

お時間のあるかたは、是非遊びに来てください。

本ある暮らしの会ブログ
https://ameblo.jp/iraiza110

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2018年5月の予定